首輪や服を嫌がる時には、リボンなどを結んで着けるようにすることから始めると良いでしょう。 今まで着けていなかったものをいきなり着けられると、違和感を感じて嫌がるのも無理はありません。 ですので、まずはリボンなどを数日間着けて様子を見ます。 リボンを嫌がる場合には、餌をあげながら着けるなどの工夫をすると、受け入れてくれやすくなるはずです。 そして、数日間して慣れてきたなと感じたら、次は首輪に移行します。 この時、首輪はできるだけ丸い形の物を選ぶようにすると良いでしょう。 オススメの素材は、皮やナイロンです。 なるべく違和感をなくすため、緩めに着けてあげることもポイントになります。 指が3本くらい入る程度に、緩めに着けてあげてください。 そし盗み食いを止めさせるには、わざとワンコの目のつくところにオヤツを置いておき、ワサビやカラシ、タバスコなどの刺激物を掛けておくと効果的です。 盗み食いは、人間も困りますが、ワンコにとって危険な行為でもあります。 骨のついた鶏肉などを食べると、ワンコでも簡単に噛んで砕くことができてしまうので、それを飲み込む時に喉に刺さってしまったりということもあるのです。 しかし、いくら叱っても、美味しそうな匂いがすると、飼い主の目を盗んで盗み食いをしてしまうワンコも多いことでしょう。 気づいた時には食べられてしまっていたということも多いと思うのですが、叱るのは盗み食いをしている最中でないと意味がありません。 そこで、あえて仕掛けておいたオヤツに刺激物を掛けるという方法が効果を発揮します。 その際、刺激物は大量に掛けず、ごく少量にしてください。 1日1回くらいのペースでやっていくと、ワンコは学習して盗み食いをしなくなっていきます。 このしつけを行っている間は、飼い主の手から与えるエサは、とびきり美味しい物にするとさらに効果的です。